乳酸菌で殺菌とは?

乳酸菌で殺菌とは?

健康志向が高まっている中で、体にいい物を積極的に摂取している人が増えています。
テレビなどでも、生活習慣の見直しが指摘されている中で、食生活の改善は最も重要な物と考えられています。
体にいいものとして毎日の生活で取り入れていきたいものが、乳酸菌です。
乳酸菌は善玉菌の一種で、腸に多く存在する細菌です。
善玉菌の増殖によって、腸内環境が整えられる効果があります。
また、乳酸菌は種類によって効果が異なるため、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

乳酸菌といえば、生きたまま腸に届くとより効果があると認識している人が多いです。
菌は死んでしまっていては意味がないのではと思う人もいるでしょう。
そこで最近では生きたまま腸に届く乳酸菌の商品も増えています。
しかし乳酸菌が含まれている商品の中には、殺菌済みと書かれている商品もあります。
殺菌済みのものと生きたままの菌の商品とはどのような違いがあるのでしょうか。

まず殺菌する理由としては、そのほかの細菌の繁殖を防ぐためです。
乳製品の中には品質維持のために悪影響を与える細菌が繁殖しています。
商品の品質を維持するためには、殺菌をする必要があります
殺菌することで、安全性や賞味期限も長く維持することができます。

それでは殺菌されている乳酸菌はどのような働きをするのでしょうか。
死滅している菌の場合は全く効果がないというわけではありません。
生きた菌とまた違った効果が得られることが分かっています。

それは死滅した乳酸菌の方が免疫力を向上させるという見解もあります。
死滅した菌を生きた乳酸菌がえさとして確保することで、善玉菌が増殖していきます。
善玉菌が腸内に増えることで、免疫向上、腸内環境を整えたり、栄養素をしっかり吸収することができます。
このように死滅したからといって全く効果がないというわけではありません。
あえて死滅した菌を使用したサプリメントの需要も増えてきているので、自分の体質に合ったものを選ぶようにしましょう。