腸内が綺麗になる乳酸菌

腸内が綺麗になる乳酸菌

私たちの内臓の働きの中で、腸の働きはとても重要な役割をしています。
体内の不要なものを排出するためのものと思っている人も多いでしょう。
しかし、体の基礎となり健康維持のためにも腸が健康であることがとても重要です。

なぜなら腸は、私たちが摂取した影響を吸収して体内に送り込む働きがあります。
そして必要な栄養素と吸収して、不要なものを便として排出しています。
なので腸の働きは、必要なものと不要なものを両方を解決する重要な役割をしています。
またもう一つの役割として、免疫力の約7割が腸に集中しているということです。
腸の環境が悪化すると免疫力が低下してしまい、感染症にかかりやすく、様々な病気を生み出してしまう可能性が高くなります。

そんな腸の環境は、善玉菌と悪玉菌の割合によって異なります。
善玉菌の割合が多くなると、腸の働きを活発にして免疫力を向上させる働きがあります
また善玉菌には、悪玉菌を抑制する働きがあります。

これに対して悪玉菌は増殖すると腸の動きを鈍くしてしまいます。
腸の動きが鈍くなると消化機能が低下したり、不要なものを排出しにくくなり便秘になってしまいます。
腸内に老廃物が蓄積すると、有害物質が発生し、体内に送り込まれてしまいます。
この有害物質が、がん細胞を生み出したり、高血圧などの病気を生み出します
体の変化だけでなく、腸内環境の悪化は寛容の不安定やうつ病やネガティブになりやすいという精神的な影響もあります。

これらのことから腸をきれいにすることは心身ともにとても重要になります。
乳酸菌が体内送り込まれることで、腸はどのような変化がおきるのでしょうか。
乳酸菌が生きたままで届いた場合、善玉菌として腸の中で悪玉菌を抑制したり免疫力をあげるなどの働きをします。
乳酸菌の善玉菌http://www.sensor-nets.org/karei.htmlが増えることで腸の働きが活発になり、老廃物をスムーズに排出しやすくなります。
さらに消化吸収の働きもよくなるため、体に必要な栄養素をしっかり送り届けることができます。