乳酸菌が摂取できるお菓子

乳酸菌は体にいいものとして認知度がとても高い成分です。
小さな子供から老人まで幅広い年齢層に積極的に摂取してもらいたい成分の一つになっています。
それは乳酸菌には腸の働きを活発にする効果があります。
腸の働きが鈍くなってしまうと、不要になった老廃物が体外に運ばれにくくなり便秘になってしまう人が多いからです。

最近では乳幼児でも便秘に悩んでいる親御さんがとても増えてきています。
一週間や一カ月近く便が出なかったり、ウンチを出す際にとても苦しそうだったり、出血してしまう子供もいます。
浣腸をして刺激を与えて排便を促したり、整腸剤を飲むなどいろんな対策を取られています。
そんな悩みをかけている人の多くは、薬に頼らず自分の腸の働きを改善することで便秘解消をしたいと思うでしょう。

そこで体の健康に効果的な働きをするのが乳酸菌の力です。
乳酸菌は腸に存在する善玉菌の一種http://miyoung.jp/zenndamakinnwohuyasu.htmlです。
善玉菌が腸内で活躍することとで、ぜん腸運動を活性化させ排便しやすくなります。
また腸の働きを悪くする悪玉菌の発生を抑制する働きもあるので、腸内環境が整いやすいといえます。

このような成分は、ヨーグルトなど動物性乳酸菌と漬物などの発酵食品に含まれる植物性乳酸菌があります。
どちらも積極的に摂取したいものですが、好き嫌いがあったり子供には食べさせにくいものもあります。
毎日おいしく乳酸菌を摂取するために開発されたお菓子がとても人気になっています。

今多くのメーカーで乳酸菌が摂取できるお菓子が発売されています。
種類も豊富で、自分が好んで食べれそうなものがたくさんあります。
子供にとってなじみがある、ビスコの商品の中にも乳酸菌が摂取できるお菓子が販売されています。
子供が食べやすい大きさに作られていて、お菓子なのに体に良いものであれば抵抗なくあげることができます。
その他にもヨーグルトのマシュマロやサワークリームを使用したビスケットなども人気です。
これらはコンビニなどで手軽に購入することができます。
外出先でもすぐに購入すすることができ、同じお菓子でも体にいいものとして意識して食べることができます。
お菓子の部類ではありませんが、多くの子供が好むチーズから乳酸菌を摂ることもできます。
お菓子のあげすぎはよくありませんから、お菓子の代わりにチーズをあげてみるのも良いですね。