イソフラボンと乳酸菌で女性に嬉しい効果

イソフラボンと乳酸菌で女性に嬉しい効果

女性にとって、若々しさはいつまでも保ちたいと思うものです。
女性らしくいつまでもきれいにいるためには、ホルモンバランスを整えることが重要です。
女性ホルモンは、女性らしいからだを作り上げるために活発に働く細胞です。
例えば、女性らしい体付き、バストアップ、卵巣の機能、肌のターンオーバーなどいろんな効果が期待できます。

女性ホルモンは、年齢とともに減少してしまいます。
20代後半から徐々に減少して、年齢とともにどんどん減少してしまいます。
特に閉経を迎える40代後半から50代にかけては、卵巣の機能が一気に低下し、女性ホルモンの分泌量が半分以下になってしまいます。

女性ホルモンを補うために有効的な成分がイソフラボンです。
大豆に含まれている成分の一つとして認知度が高く、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることが分かっています。
この女性ホルモンを取り入れるとともに一緒に摂取したいのが乳酸菌です。

乳酸菌は腸の働きを良くする効果があります。
女性は男性に比べるとお腹の筋肉量が少なく、便秘になりやすいのが特徴です。
乳酸菌は腸のぜん動運動を促す効果があり、便秘の解消にとても効果的です。
便秘解消されることで、まず腸内に有害物質が溜まりにくくなります。
そして便がなくなることで、必要な栄養素が腸でしっかり吸収できるようになります。
これらのことから肌荒れの予防や免疫力の向上など、体の内面からきれいにすることができます。

乳酸菌は主にヨーグルトやチーズなど乳製品から摂取することができます
これらは動物性乳酸菌の一種で、酸や熱に弱いという特徴があります。
その他にも、漬物や味噌やキムチ、納豆などの発酵食品にも含まれています。
これらは植物性乳酸菌の一種で、酸に強いため生きたまま緒にまで届きやすいという性質があります。

また植物性乳酸菌の中には、イソフラボンを一緒に摂取できるものもあります。
味噌や納豆などは大豆が原料として使われているため、イソフラボンが豊富に含まれています。
栄養価が高く、多くの効果が期待できる食品を積極的に摂取するのがお勧めです。