R-1乳酸菌に関する詳細

R-1乳酸菌に関する詳細

乳酸菌は私たちの腸の中にある善玉菌の一つです。
腸には1000兆個もの腸内細菌があります。
その細菌は悪玉菌と善玉菌に分けられます。
善玉菌の働きは腸の動きを活発にする働きがあり、腸内にある有害物質を排出したりウィルスの増殖を阻止することができます。
このような働きが、免疫力の向上につながっていきます

乳酸菌には多くの種類があり、特に注目されているのがR-1乳酸菌の存在です。
R-1乳酸菌は、ブルガリア菌の一種でEPSという多糖体がたくさん生産することができます。
このEPSが増殖されるとどのような効果があるのでしょうか。
EPSは、免疫力を向上させる効果があります。
そのため体内に侵入してくるウィルスを撃退することができます。

またEPSが増殖されることで、ナチュラルキラー細胞が増殖します。
ナチュラルキラー細胞は、インフルエンザhttp://omolo.jp/innhuruenza.htmlやがん細胞などあらゆるウィルスを攻撃してくれる細胞です。
このナチュラルキラー細胞が活性化することで、もし感染しても早く回復することができます。
自己免疫力を高めることで、病気の治療などで免疫力が低下しているときでも効果が期待できます。

このR-1乳酸菌がここまで注目されたのには、実際に行われた実験の成果があるからです。
山形県の保育園から中学校生の544名と佐賀県の保育園から中学生の2468名が学校で一年間R-1乳酸菌を摂取し続けました。
その結果インフルエンザでの学級閉鎖はなく、同じ県の学校と比べると発症数が明らかに減少しました。
特に小さな子供の場合、インフルエンザの治療薬であるタミフルの副作用も不安要素の一つです。
インフルエンザの重症化を防ぐだけでなく、感染しない強い体を作ることが重要です。

R-1乳酸菌を摂取する方法としてはドリンクタイプとヨーグルトタイプがあります。
どちらも食べやすく小さな子供から大人まで、好んで食べられています
中にはブルーベリー味のものや脂肪分が抑えられたものもあります。
毎日摂取することを考えると、カロリーも気になる人も多いです。
そのような人にも安心して摂取することができます。