病気を予防する乳酸菌

病気を予防する乳酸菌

私たちの体は、食物を摂取して分解し、腸で吸収しています。
腸には多くの細菌が含まれていて、善玉菌と悪玉菌に分かれています。
善玉菌が多く存在していると腸の働きが活発になり、便秘解消や免疫力の向上などの効果があります。

しかし悪玉菌が発生してしまうと、腸の動きを鈍くしてしまい消化吸収の力が低下してしまいます。
せっかく体にいいものを取り入れても腸の働きが低下してしまうと、十分に吸収されないまま排出されてしまいます。
乳酸菌を取り入れて、腸の働きを整えることで、体の内面から健康を維持http://www.shikake-ehon.jp/kin_002.htmlすることができます。

乳酸菌は善玉菌の一種で、腸の働きを活発にしてくれます。
腸に善玉菌が増えると、様々な病気の予防につながります

その理由としてまずあげられるのが、免疫力の向上です。
免疫細胞を活発にする働きあがり、体外から侵入する多くのウィルスを撃退してくれます。
風邪やインフルエンザ、肺炎などの感染症の予防に効果があります。

その他にも今日本人の死亡率が一番高いがんの予防にも効果的です。
がんは腸に悪玉菌が増え、有害物質を発生することで、発がん性の物質も一緒に発生してしまいます。
いかに悪玉菌の増殖を抑えることが重要です。

乳酸菌には悪玉菌の増加を抑制して、善玉菌を増やす働きがあります。
発がん性物質を生み出す悪玉菌を減らすことで、がん細胞を生み出すことを予防できます
万が一がん細胞が発症しても、乳酸菌にはがん細胞を撃退するナチュラルキラー細胞を活発にする働きがあります。
がん細胞を早期撃退して、がん細胞の増殖を防ぐことができます。

またその他にも悪玉菌が増殖することで、アンモニアや硫化水素などの毒素を発生させてしまいます。
これらの毒素を腸が吸収してしまうと、高血圧や肝臓病の病気の原因になってしまいます。
乳酸菌が悪玉菌を抑制することで、高血圧や肝臓病の予防にもつながります。
このように乳酸菌は善玉菌を増殖することで、免疫力を向上させ感染症の予防に効果があります。
また悪玉菌を抑制することで、がんや肝臓病や高血圧の予防にも効果があります。